So-net無料ブログ作成

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

脂肪吸引とメリットと注意点 [脂肪吸引とは]

脂肪吸引とは


脂肪吸引による美容施術を受けてみたいと思う人がいます。

色々な痩せる手段が世の中にはあるようです。

ですが、一通りのダイエット方法は実践したけれど効果がなかった、

もっと即効性のあるダイエットがいいという方もいます。

脂肪吸引は一度は考えたことのある方も少なくないのではないでしょうか。

脂肪吸引とは、外科的な方法によって脂肪細胞を取り除くというものです。

よくあるダイエットとは基本的なアプローチから違います。

カニューレと呼ばれる金属性のストローのような細い吸引管で脂肪細胞を吸引除去します。

皮膚のすぐ下層にある皮下脂肪が、脂肪吸引の対象となります。

メタボリック症候群の要因となる内臓脂肪は、脂肪吸引で除去できません。

脂肪吸引に関する技術は隔世の感があります。

今では太ももや下腹部だけでなく、頬、アゴ、上腕部、ふくらはぎ、

足首など様々な部位の脂肪吸引ができるようになっています。

また、一旦は吸引した脂肪を胸などに注入する、脂肪吸引法という技術も確立されています。

脂肪吸引による体重の変化ですが、脂肪自体はとても軽いものなので、

脂肪を吸引しても体重は格段には減らないようです。

ダイエットというと体重を減らすことが目的ですが、

脂肪吸引は体重を軽くする方法というよりは

部分的なシルエットを改善するのに適した方法といえるでしょう。

脂肪吸引のメリット


体内の脂肪を手術で除去する脂肪吸引という方法があります。

即効性があり、確実に脂肪を減らすことができます。

本人の希望次第でいくらでも好きなだけ脂肪を除去できるわけではありません。

どのくらい脂肪が吸引できるかは、部位や施術者の肥満度、筋肉の割合などで左右されます。

ダイエットと異なり脂肪吸引の優れているところは、

痩せたい所を細くすることができるということです。

体重を落とすことが目的のダイエットでは、

太ももの脂肪を減らしたいのに胸の脂肪がおちてしまったりします。

脂肪吸引を利用すれば、

ウエストサイズをダウンさせたくて行ったダイエットで

顔が痩せこけて貧相になってしまうというトラブルも起こりえません。

脂肪吸引を利用すれば、希望する部位の脂肪を的確に減らすことができます。

脂肪を貯め込む細胞を脂肪吸引で取り除くため、減った体重が元に戻る可能性も少ないといいます。

なぜ100%では無く、

ほとんどなのかと言いと食べ過ぎた場合に残った脂肪細胞が膨れ上がってしまうことがあるからです。

最近は、体のどの部分でも脂肪吸引ができるほど、美容施術の技術がアップしています。

脂肪吸引を行う部分として一般的なところは、おしり、太もも、下腹部、二の腕、ふくらはぎです。


脂肪吸引の注意点


脂肪吸引は、外見から細くすることができる美容施術といえます。

代わりに身体への負担もそれなりに大きくなってしまうことがリスクとして挙げられます。

脂肪吸引は体への負担が大きいので、

数カ所まとめての脂肪吸引や範囲の広い脂肪吸引は避けるべきです。

毛細血管にダメージを与えてしまう脂肪吸引は、皮膚の腫れや赤みの原因になります。

術後の問題が起きにくい脂肪吸引をするには、本人の体質だけでなく、

施術者の技量にも影響されます。

施術後、肌が元通りになるまでは一定の時間がかかります。

脂肪を吸引した場所が不自然にへこんでしまうという症例もあります。

脂肪吸引の施術する人の技術が未熟だった場合に起こってしまケースといえます。

脂肪吸引をした部分の凹凸は、確かな技術を持つ医師に施術をしてもらう限りは起こりません。

技術力のあるクリニックで脂肪吸引を行いましょう。

脂肪を吸引したい部位だけを、部分麻酔で感覚を失わせる施術もありますか、

全身麻酔で一気に脂肪吸引を施すというものもあります。

脂肪吸引の内容や個人の体質に合わせてどの麻酔方法を選ぶかが決まります。

外科的な方法は怖いからと脂肪吸引を避ける方もいるようですが、

施術者の技術によっては困ることはありません。

しっかりと事前に脂肪吸引について情報収集することをおすすめします。


4


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。