So-net無料ブログ作成

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:食事療法

食事療法 ブログトップ

ダイエットと食事方法について [食事療法]

ダイエットと食事方法について


まずダイエットで真っ先に気をつけなければならないのは食事です。

ではどのように1日の食事の摂り方を改善し、

どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

人間は砂糖を摂取するとインシュリンの分泌が活発になります。

ですからダイエットをするときには食事の時に砂糖と脂肪を一緒に摂らないことが大切です。

インシュリンの分泌が活発になると、

脂肪が分解されず体に蓄積されやすくなります。

そして体脂肪がどんどん体にたまってしまうのです。

そういう理由からダイエットを考えている人はソフトドリンクや甘いものを食後に摂取するのは避けるようにしましょう。

けれどダイエット中でも食事朝2、昼3、夕1くらいの割合できちんと3食摂るようにしなければいけません。

朝食は体のエンジンをかけるために重要なものなので朝食を抜いてしまうと体温がなかなか上がらず血流が悪くなり脳細胞の動きが鈍くなってしまいます。

朝ごはんのメニューにおすすめなのはたんぱく質を摂るものです。

ダイエット中は朝食でたんぱく質を摂りましょう。

昼食では1日のうちで一番エネルギーを摂取する必要があります。

バランスの良い食事をしっかりと摂りましょう。

そうはいってもダイエットをしているわけですから、

カロリーの高いものはおすすめできません。

バランスの良い和定食などが良いかもしれません。

夕食のメニューは野菜やたんぱく質を中心にして、

脂肪を極力避けたメニューにするようにしましょう。

なぜなら脂肪は夜眠っている間に最も活発に蓄積されるからです。

夕食は1日のうちで一番軽めにするようにしましょう。

食事の後の運動はインシュリンの分泌を抑制する効果があります。

ですからダイエット中は夕食後に脂肪を燃焼するような運動をすることをおすすめします。

このように食事の摂り方に気をつけながら、

しっかりと栄養をとるようにしましょう。

そして夕食後の軽い運動を取り入れてダイエットに

チャレンジしてみましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ダイエットと献立 [食事療法]

ダイエットと献立


食事を低カロリーに抑えながら、

さらに栄養バランスも考えたものにすることは、

ダイエットを進める上で大切なことですが、

それが毎日3度3度となると、結構大変なことでしょう。

ダイエット用の食事の献立を立てる場合には、

以下に記すようなことを頭に入れておいてください。

おかずなどを盛り付ける場合に、

大皿にまとめて盛ったりせずに、

一人ずつ分けて盛ると、食べ過ぎることがありません。

ダイエット時は味付けは薄味にし、

そうすることでご飯の食べすぎを防ぎます。

薄味にするためにはスパイスやハーブをうまく利用することが大切です。

おかずの一品としてスープや味噌汁などを加えるようにするとのもポイントです。

スープや味噌汁などはそれだけでおなかがいっぱいになりやすいので、

さらにカロリーの低い海藻などを上手に使ってダイエット食にするといいでしょう。

ダイエットにはやわらかいものよりも噛みごたえのあるものを食べるほうがよく、

それは満腹感を得やすいからで、

野菜を使うときでも根菜類を選ぶようにするといいでしょう。

ダイエットの献立を立てるときは、

ご飯とおかず、それから汁物などが少しずつ食べられるようにバランスを考えて組み合わせるといいでしょう。

丼ものを作る場合は、器を小さめにし、

普段自分が食べている量と同じ分だけを食べるように、

ご飯も計るようにしましょう。

1日30品目というのがダイエット中に摂りたい食品の数なので、

これを目標に、できるだけいろいろな食材を選んで、

また普段摂りにくい乾物や豆類も積極的に摂り入れて、

献立を立てるようにしましょう。

以上のようなことがダイエットの食事を作るときの

大切なことなので、これをしっかり頭に入れて

ダイエットに励みましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ダイエット食材の選び方 [食事療法]

ダイエット食材の選び方

食事の摂り方を工夫することでダイエットを進めようとするときは、

その食材選びからよく考える必要があります。

まず肉類ですがその部位によってカロリーが違いますので、

カロリーの低い部位を選んで調理するとよいでしょう。

肉の中で牛肉と豚肉は、もも肉が一番カロリーが低く、

それからヒレ、ロース、カルビ、バラ、という順になり、

鶏肉はささみからむね、ももという順に高カロリーになります。

低カロリーの肉を選ぶなら、

見た目にも脂身があるのがわかる、

というものを避ければいいでしょう。

購入した肉に脂身がある場合は、

その部分を取り除いて調理するようにするのも効果的でしょう。

ローカロリーな野菜はダイエットのために使うにはぴったりの食材で、

そのうえミネラルやビタミンも同時に取り入れることができるので、

大いに利用するといいでしょう。

野菜は加熱されるとそのかさがぐっと減るので、

うまく調理しながらたくさんの野菜を摂取するようにするのもダイエットには有効でしょう。

それから大豆や大豆加工製品には、

良質のたんぱく質がたくさん含まれており、

また大豆イソフラボンが作用して肌荒れ防止や体調を整えるのに役立つので、

ダイエットには最適の食材といえるでしょう。

それからローカロリーで鉄分やミネラルなどを含んでいるうえ、

食物繊維も豊富な海藻、こんにゃく、きのこなども利用するといいでしょう。

肉や魚を調理するときに、魚であれば1匹丸ごと、

肉であれば骨がついているものなどをわざと使ってみると、

食べてしまうのに時間がかかって満腹感を得られる上、

見た目にも豪華でボリュームがあるところがさらに効果的です。

ダイエット時には食材を選ぶときにはこのような工夫もしてみましょう。

どんな食材がダイエットに適しているかをきちんと頭に入れて、

毎日の食事に摂り入れていくといいですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

食事で始める簡単ダイエット [食事療法]

食事で始める簡単ダイエット


ダイエットを始める場合、

それでは具体的になにからはじめようかと考えてしまうことはよくあるでしょう。

いきなり急激な食事制限したり運動したりするのは決して長続きしません。

それでは手軽に初めて続けることのできるダイエット法をご紹介しましょう。

ダイエットの第一歩としてすることは、

日ごろ食べている食事の調理法をまず工夫してみることです。

調理器具はフッ素樹脂加工のフライパンや電子レンジ、

グリルを活用しカロリーカットに努めればダイエットに効果的です。

一般的にエネルギーの低いほうから蒸す、焼く、煮る、炒める、揚げるとなっていますが、

この調理過程でもカロリーカットの工夫をすることができるのでダイエットに役立ちます。

また焼くならグリルを使うと余分な油を落とすことができ、

煮る場合はあくをとるといいでしょう。

炒めるときはフッ素樹脂加工のフライパンで油を引かないようにしたり、

揚げるときは衣を工夫したり油をよく切ってキッチンペーパーで吸い取ります。

調理法を見直してダイエットにいいやり方へと工夫しながら、

同時に食事の日記をつけてみると効果的です。

しかし毎日のことですからそんなに事細かに日記をつける必要はなく、

食べた時間、食べたもの、たべた情況、活動の記録などを簡単に書いておくことでダイエットを常に意識できます。

こんな食事日記をつけることで、

毎日の食生活を見直すこともでき、ダイエットとしてよく内面などにも気づくこともできるはずで、

それだけでも便利でしょう。

ダイエットも習慣ですから

この食事日記とともに習慣化するという利点もあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ダイエットは食事から [食事療法]

ダイエットは食事から

最近ちょっと体重が気になるという人がダイエットを考えたとき、

まず一番に気をつけるのは食事ではないでしょうか。

中には自己流で極端に食事制限をしてしまったり、

無理に食事の量を減らしたりする人もいます。

そうすることで、体を壊してしまうこともあり、

またかえって太ってしまうような体質に変わるときもあるので、

注意しなければなりません。

ではダイエットをしたいと思ったらどのようなことに気をつけて食事を摂ったらよいのでしょうか。

まずはダイエットをする前に自分自身の肥満の原因をよく分析してみましょう。

食事などから摂取されるエネルギーが消費されるエネルギーより多ければ、

当然のことながら脂肪が溜ることになるでしょう。

普段ストレスなどから食べすぎていないか、

運動不足になっていないか、

ダイエットの失敗によるリバウンドをしていないかなどを振り返ってみましょう。

そうやって自分がどうして太ってしまったかがわかると、

次にどのような対処法をとるべきかがわかってきます。

たとえばストレスによる食べすぎが引き金でで肥満になってしまった人ならば、

食事内容に工夫をこらしながらダイエットするという方法を選ぶと、効果が出てくるでしょう。

とにかくまずはストレスの元を断つように努力することで、

食事も普通にできるようになり、

健康にいいダイエットをすることもできるでしょう。

またリバウンドを防ぐためにはきちんと食事をしゆるやかに体重を落とすダイエットが一番です。

心にも体にも負担をあまりかけないですむダイエットを進めるために、

無理は禁物と自分に言い聞かせ、

体や心を損なわないようにしなければなりません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

やせるテクニックを紹介します。 [食事療法]

やせるテクニック

ダイエットを行うときに、ちょっとしたテクニックがあるのでそれを紹介します。

まず食事について、1日の計画の中で食事をする時間をあらかじめ設けるようにし、

規則正しい食事を摂ります。

忙しさにかまけて食事が摂れない、ということがないように、

はじめから時間を考えて行動するといいのです。

朝食の場合は、とくに摂れないという人が多い食事のようですが、

まずはヨーグルトとフルーツといった簡単に摂れるものから始めていって、だんだん慣れてきたらご飯もののしっかりした食事へと変えていったらいいでしょう。

運動もなかなか続けるのが難しいことではあります。

しかし家事や仕事の合間にちょっと時間をみつけてできる運動を毎日続けるようにすればそれほど負担にはなりません。

やせるためのテクニックとしては、バスや電車では座らない、

床磨きはぞうきんがけにする、近所への買物は歩いて行くなどです。

軽いストレッチなどをテレビを見ながらでも行うと、何もしないよりしっかり運動になります。

運動を始めるには徐々に段階を上げることが大切で、

はじめから激しい運動をすると疲れて続けにくくなるため、

まずは軽めの簡単な運動を選んで始めてみることが長続きするコツになります。

それから、やせたいという思いを持つ仲間同士が集まることで、

志気を高めるというのもテクニックのひとつでしょう。

同じ目的を持つもの同士励ましあって協力しあうことがそのよい点で、

夫婦でウォーキングなどに挑戦するのも良いかもしれません。

やせたい人はまず自分のできることからひとつひとつ焦らずに始めてみることが

やせるためのテクニックとして一番大切なのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

しそ酢の作り方 しそ酢の作り方のご紹介です [食事療法]

しそ酢の作り方 しそ酢の作り方のご紹介です。


入れ物として注ぎやすいびんを用意し、

材料はしその葉が100枚と黒酢が500ml、以上です。

しその葉はよく洗い、すり鉢で細かくすりつぶしたら、


ふきんやガーゼなどで濾し、その絞り汁に黒酢を混ぜればもうできあがりです。

しそ酢ができあがったら、すぐに飲むこともできますが、

そのまましばらくおいておくと、味がやわらかく飲みやすくなるので、

好みによって飲むときを選ぶといいでしょう。

もっと飲みやすいしそジュースの作りかたもご紹介すると、

材料はしそ150枚、砂糖500g、黒酢100mlです。


作り方も水1リットルを沸騰させてしその葉を入れ、

あくが出てきたら取り除きながら5分ほど煮て、

そのしその葉を取り出したら砂糖と黒酢を入れるだけです。

しそジュースができあがったら、冷やして水や炭酸水などで割るとおいしく飲むことができます。

黒酢を使うところを、普通のお酢に変えて作ることもできます。

しその葉も赤しそ、青しそ、どちらで作ってもよく、

砂糖もはちみつに変えるとまたおいしくなり、好みで好きなものを選ぶといいでしょう。

風味がよく飲みやすいジュースなので、

どんな年齢層にも受け入れてもらうことができると思います。

しそ酢は販売されているものを購入することもできますが、

自宅でも簡単にできるものなので、是非作ってみましょう。

これを毎日摂ることにより、健康維持にもつながればうれしいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

やせたい人の食事 [食事療法]

やせたい人の食事

ダイエットするためにまず考えなければならないのは「食事」です

。やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えてしまいます。

しかし食事を減らすダイエット方法は、体重を減らすことはできても同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。

このような方法では健康のためのダイエットという目的とは違うものになり、なんのために痩せるのかわからなくなってしまうでしょう。

ダイエットの基本は一日3食をきちんと規則正しくとることです。

3食の食事時間は5~6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、体脂肪を燃焼することができます。

ダイエットをしたい人は一日の中でとくに朝食をしっかり摂ることが大切です。

朝食はたくさん食べても体脂肪が蓄えられにくので大丈夫です。

何故なら食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費していくことができるからです。

おすすめの朝食メニューは具だくさんの味噌汁・ごはん・おかず数品という組み合わせです。

バランスの取れた食事をするように心がけましょう。

またやせたいからといって食事を抜くと胃や腸の吸収力が高まり、次の食事でよりエネルギーを取り込もうとするので太りやすくなります。

また夕飯の量は極力少なくする必要があります。

夕方以降は活動量が減り、身体をやすめるときだからです。

このような1日の食事量の配分にも気をつけましょう。

目安としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいがベストです。

朝食でしっかりと栄養を摂るようにすることが重要です。

バランスの取れた献立でできれば和食中心のメニューにしていきましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
食事療法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。