So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:運動

運動によるダイエット [運動]

運動によるダイエット

ダイエットをして絶対にやせる方法として

手っ取り早いのは運動をすることではないでしょうか。

絶対やせるための運動としては、

家の中で簡単にできる運動から

スポーツジムや教室などで習って行うものがあります。

他には今話題乗馬タイプのものや、

ランニングマシーンなど運動器具を使って行う運動もあります。

器具などを使わない一般的な運動としては、

絶対やせるために運動消費カロリーを増やすためのものが多いようです。

自宅にいながら簡単に始めることのできる運動として、

縄跳びやウォーキング、ランニングなどが人気です。

今話題なのがバレエやヨガのエッセンスを取り入れたピラティスです。

これは身体の芯(コア)の筋力を鍛えることを目的としています。

また、ヨガもこのところぐんぐん人気をあげています。

ヨガは体に緊張と弛緩を交互に与えて筋肉や精神の緊張をより除くというインド独特の体操法です。

有酸素運動の中でも水泳はその代表的存在で、ダイエットにはぴったりの運動です。

とくに脂肪を燃焼する効果がありカロリーをたくさん消費します。

これが水泳のよいところです。

この運動は絶対にやせる運動としてとても効果的です。

これらの運動のほかには、

エアロビクス、ジャズダンス、ボクササイズなどが有名です。

散歩や水中ウォーキングなど

ただ単純に歩くことも続ければダイエットには効果的なようです。

やせるための食事と運動 [運動]

やせるための食事と運動


やせるためには、摂取カロリーを少なくする、

つまり食べ物を制限する必要は確かにあります。

中にはひたすら食べるのを我慢したり、

野菜しか食べないような極端なことをする人も多くいますが、

そんなことをしては、健康的にやせることは出来ません。

体重を落とすのに安全な範囲とは、

だいたい1週間に1kgになるでしょう。

ダイエット中の食生活に関しては、色々な種類の食品をまんべんなく少しずつ食べることが大切です。

少し面倒かも知れませんが、六つの基礎食品という考え方があります。

食品を偏りなくしっかり摂取しながらやせる方法を取り入れたい人には効果がある方法でしょう。

人の脳には満腹中枢というものがありますが、これは20分くらいで満腹の指令を出すのです。

食事をするときに急がずゆっくりと食べるようにすることで、

満腹中枢が満腹の指令を出すまでの食事量をすくなくすることができるのです。

やせるために必要な運動量について言うと、

運動をしながら汗はかきながらも、

会話くらいはできるという程度がやせるためには理想的なようです。

姿勢を正して歩幅を大きくリズミカルに歩く運動が効果的で、

一日無理の無いように時間を決めて歩く事が継続するポイントです。

食事の直後は避けて早朝か夕方に歩いた方が効果的で一日7000歩くらい、

時間にして1時間以上歩くとよいです。

日々の生活のなかでもなるべく歩くよう工夫し、

会社ではエレベーターを使わない、

通勤の途中一駅前で降りて歩く、

通勤は車をやめてバスや電車を利用するなどが

やせるために効果的な運動です。

やせる運動の方法 [運動]

やせる運動の方法

自宅やオフィスで空いた時間に簡単にできる痩せる運動はたくさんあります。

そのような運動ならジムなどにお金をかけて通ったりする必要もありません。

ひとつめはウエストの引き締めに効果のあるダイエット運動で、

人間ぞうきん体操という面白い名前の運動です。

まずは両足を肩幅くらいに開きます。

そしてまっすぐ背筋をのばして立ち、両手は胸の前で指先と指先をくっつけるような形で前に出します。

姿勢はそのままで息を大きく吸い込みます。

さらにゆっくりと息を吐きながら上半身を右にひねりましょう。

ひねったらそのまま5秒キープします。

呼吸は普通にしたままで大丈夫です。

ポイントは両手のつなぎ目が地面と平行になるように動かすことです。

また姿勢はまっすぐにするとよいでしょう。

ゆっくりと息を吸いながらもとの姿勢に戻ったら、同じように左に身体をねじります。

これを1セットとして1日朝夕10回行います。

2つ目のダイエット運動は下腹の引き締め効果のある運動で、椅子腹筋といいます。

まず椅子に腰掛け腹筋を使って右足を椅子と太ももが平行になるように地面からあげて30秒キープします。

左足も同様です。慣れてきたら両足いっぺんに行います。

椅子を手でつかんでもかまいません。腹筋を意識しながら姿勢を正しくしてやると効果的でしょう。

毎日朝と夕に30秒づつやってみましょう。最後のやせる運動は踏み台昇降運動です。

これは一定のリズムにしたがって台の上に上ったり降りたりするダイエット運動で、

上がるときの足と降りるときの脚を左右交互にすることがポイントになります。

この運動は有酸素運動ですので脂肪の燃焼もしてくれます。

また足やおしりの筋肉を鍛えることもできるので、ダイエットには非常に効果があります。

是非この運動を毎日の習慣にしてみましょう。

これらの3つの運動はすべて自分の空いた時間に簡単にできるものなので

日常生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

2017-05-08 [運動]

やせる運動のタイプ


やせるための運動は3つのタイプに分けることができます。

ひとつは身体についた脂肪糖質を燃焼させる「有酸素運動」です。

「有酸素運動」というのは、ウォーキングサイクリング水泳などの身体に酸素を取り入れながら行う運動のことで、

ダイエットに向いているものです。

酸素が体内の脂肪や糖質を分解してくれるのがこの有酸素運動で、

ダイエットには大変有効なのです。

2つめは無酸素運動というものです。

重量挙げや短距離走などの瞬発力を使う運動がこれにあてはまります。

この運動をすることで、普段から身体の糖質が分解されやすくなります。

それは酸素は使いませんが筋力をアップさせて身体の基礎代謝を高めるからです。

そしてストレッチという運動ですが、

有酸素運動と無酸素運動をするにあたって身体を柔らかくしておくために行う運動です。

この3つの運動を無理のないように、

また毎日少しずつでもいいので続けることがやせるためには重要なことです。

やせるには息が上がるような激しい運動より、

終わったあとに普通に会話できる程度の運動量が最も適しているといわれています。

そればかりでなく運動すると、適度にストレスの発散もできます。

それがダイエットにも良い効果があるかもしれません。

そしてこの3種類の運動をバランスよく続けることも重要です。

食事のコントロールとともに毎日できる運動を生活に取り入れて楽しみながらやっていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。