So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:コンドロイチン

コンドロイチン ブログトップ

コンドロイチンを補う食品 [コンドロイチン]

コンドロイチンを補う食品

加齢とともに減ってしまうコンドロイチンを、毎日の食事で補っていこうとすると、

どんなものから摂ることができるのでしょうか。

それはまず、コンドロイチンの性質を思い浮かべてみて納得するような、

ねばねばした食品に含まれています。

納豆やオクラ、海藻・山芋などで、ネバネバしたのであれば、

動物性・植物性を問わずコンドロイチンが含まれていると考えてよいでしょう。

ただし、動物性の食品、

たとえばうなぎ、すっぽん、フカひれ、どじょうなどのコンドロイチンは

植物性のものより比較的吸収率が高いようです。

日本の伝統的な食事にはこの「ネバネバ」したものが多いのも

昔の人の健康維持に対する知恵なのかもしれません。

昔から精がつくと言われて大切にされていた食品が、

このねばねばしたものであることは事実です。

ただし含有量のことをいうと、それほどの量が含まれているわけではありません。

食品から摂り入れるには、常にそのことを頭に入れて食事を考える必要があります。

普通の食卓にいつもいつものぼらせるということは、

なかなか簡単なことではないでしょう。

サプリメントや医薬品を利用すれば、

それほど難しくなくコンドロイチンを摂取することができるでしょう。

サプリメントは高価なイメージがありますが、

コンドロイチンのサプリメントは続けやすい価格のものが多く、

1ヶ月分で1500円くらいからあるようです。

一番いい方法としては、毎日の食事からも摂れるように気をつけながら、

サプリメントでも補っていくことかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コンドロイチンとは [コンドロイチン]

コンドロイチンとは

今テレビや雑誌などでよく見ることのある、コンドロイチンというサプリメントは、

どういったものなのでしょうか。

コンドロイチンという言葉は、もともとギリシャ語で「軟骨のもと」という意味を表しています。

加熱するとジェル状になる性質を持っている「ムコ多糖類」の一種です。

この「ムコ多糖類」の説明をすると、「粘りを持った多糖」という意味で、

人間の肌の真皮を形成する成分のひとつです。

人の体の中では軟骨の部分に存在し、ねばねばしたジェル状であるという性質が、

骨と骨の間のクッションのような役目を果たし、摩擦を防いでいます。

その他眼球や、角膜・皮膚・肝臓・腎臓などにも多く含まれており、

約60兆個もある細胞ひとつひとつを繋げる役割もあります。

また体内の水分をコントロールしているのもコンドロイチンです。

大変高い保水力があるのがコンドロイチンの性質のひとつでもあります。

このような性質が生かされて、哺乳類や魚の軟骨から抽出され、

さらに精製され、化粧品やサプリメントに使われるコンドロイチンが生まれているようです。

その中で特にサメの軟骨由来のものが多く作られています。

アメリカ食品医薬品局では、その安全性を認めているということです。

このような大切な働きをするコンドロイチンは、

私たちの健康を推進するものとして、

これからまだまだ必要とされていくのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
コンドロイチン ブログトップ