So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:水ダイエット

水ダイエット ブログトップ

水ダイエットで飲む水と注意点 [水ダイエット]

24 ダイエットで飲む水

大量に飲み続けてもいい水とはどういう条件の水でしょう。

水ダイエットにおける水の重要性はいうまでもありませんので、

できるだけ条件に合致したものにしたいものです。

たくさん飲むことになりますので、塩素を多く含んでいる水道の水は体にいいとは到底いえず、

水ダイエットには向きません。

水ダイエットのはずの水でカロリーを得てしまってはダイエットになりませんので、

甘い飲み物もアウトです。

ダイエット中に飲むものは水かお茶にすべきです。

ミネラルウォーターを購入するという方法は、金銭的な負担がかかります。

一口にミネラルウォーターといっても、軟水と硬水があります。

硬水とは、1000ccの水の中に120g以上のミネラルイオンを含む水のことを指しています。

それよりミネラルイオンが少ない水を軟水と呼び、水分中のミネラルの量で区別しています。

ダイエットのために食事を少なくしている人や、

運動を増やし汗をたくさんかいている人は何らかの形でミネラルを取り入れる必要がありますので、

硬水を利用してミネラル成分の補充するといいのではないでしょうか。

硬水のメリットは、軟水よりもダイエット中の空腹感を感じずに飲むことができるという点でしょう。

浄水器をつけた水道水を使うという方法もあります。

長い目でみれば、毎回ミネラルウォーターを購入するよりも安上がりです。

ただし、浄水器は機種によって性能も様々で価格も千差万別なので、

いっぱい飲むことを前提にしっかりとした事前リサーチが必要です。


水ダイエットの注意点

水ダイエットで1日に飲む水は、2リットル~3リットルが必要な量とされています。

水ダイエットを開始した最初のうちは、

味のない水だけを飲み続けることが苦痛に感じるかもしれません。

最初のうちは味のない飲料が辛いかもしれませんが、

慣れると逆にジュースやコーヒーなどの味が濃すぎるように思えてきます。

水しか飲めないという環境は、序盤は結構苦痛です。

水を摂りすぎると血液の濃度がある程度薄まるので、

水を飲まないように脳が警戒信号を出す人もいるそうです。

水を飲みすぎて胃腸の作用が弱ってしまうこともありますので、過度な水ダイエットは危険です。

無理をしすぎると水の過剰摂取で食べる量が減って体力低下を招き、

ダイエット自体ができなくなってしまいます。

特にノルマを定めず、飲めなかった日に無理に流し込んだりはせずに、

ただできるだけたくさんの水を飲めるよう意識することによって、

無理のない水ダイエットを続けることが可能です。

大体、おしっこの色が薄めの黄色になる程度の量の水を目標にして水分の摂取を目指してください。

尿の色がはっきりした黄色ならば、水分摂取が少なすぎます。

水を入れたペットボトルや水を注いだ大きめグラスを目につく所に、

いつも水を置いておくことも水ダイエットを継続するための方法です。

自然に水を飲むようになりますので、

水ダイエットを意識せずとも気づくとかなりの量の水を飲むことが可能です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

水ダイエットは簡単で効果的なダイエット方法とその効能と量と回数は? [水ダイエット]



ダイエットは簡単で効果的なダイエット方法


水を摂取するだけで簡単にダイエットができるとだけ聞くと眉唾に思われるかもしれません。

簡単で効果的なダイエット方法である水ダイエットは、

毎日の食生活を変えずに体重を減らすことができるものなのです。

水ダイエットは食事制限もありませんので無理に食べ物を我慢する必要がないダイエット方法です。

世の中には水太りという言葉もありますし、

水を飲みすぎたらむくみが出ないかと心配になる方もいるでしょう。

水ダイエットといっても、

ただの水で確実ににダイエットができるのかと疑う人もかなり多いかもしれません。

効果的なダイエット方法で、体に負担のない健康的なダイエット方法が水ダイエットなのです。

一日に2リットルの水を有名な女優さんやモデルの人たちは体に取り込むといいます。

水ダイエットでは、デトックス効果が期待できます。

水分を多く摂取することで体内の老廃物が排出されるからです。

水をたくさん飲むと体温が下がります。

体温を元に戻すために体はエネルギーを消費しようとするようです。

体内のエネルギー消費量が増加する仕組みは、

リンパ液の流れが冷えた体を元に戻そうとする動きによって活発になることです。

そしてエネルギー消費量が増えると体の脂肪が燃焼し余分なぜい肉が減っていってくれるのです。

カロリーがゼロの水は、飲みすぎても太る心配はまったくないものです。

水ダイエットは、リパウンドの少ないダイエット効果が期待できるでしょう。

人間の体の構造をよく知った上でのダイエット方法なのです。

水ダイエットは体にやさしい健康的なダイエット


水ダイエットは体にやさしい健康的なダイエット方法です。

水を毎日摂取することで利尿作用により老廃物が排出される効果があるのが

水ダイエットという方法です。

新陳代謝が向上するのでダイエットの効果があります。

なぜなら体の老廃物の排出によって内臓や腸の動きが活発になるからです。

健康的なダイエット方法ですから、体に負担のかかる食事制限などはありません。

脂肪がよく燃える体を作り、エネルギーの代謝率を良くすることが水ダイエットの目標です。

水を飲むことによって体には、ダイエット効果以外にも健康によい効果をもたらします。

便秘の解消も水ダイエットを実践すれば、水を飲むことで便に水分が含まれ、

適度に柔らかくなるのでおおいにあり得ることです。

朝一番で水を飲むことで胃腸が活性化し消化の促進にも繋がります。

胃腸だけでなく、気管支なども水分が行き届いて潤うので、

免疫細胞が活性化されますので、水ダイエットには、肌の保湿にも効果があり、

美肌効果もあるようです。体の水分が足りないと血液はドロドロになり、

脳梗塞や脳血栓などの血管障害を引き起こしやすくなります。

水ダイエットにより体内の水分を補充すれば、病気の予防にも役立ちます。

体の水分が不足すると細胞間の栄養のやり取りも阻害してしまうので、

それを防ぐことが大切だからです。

水ダイエットは水を飲むことで脳に血流を増やし、

疲れ気味の脳のリフレッシュ疲労回復にも大変効果的です。


水ダイエットの量と回数について

一度にたくさんの量を飲まずに、

時間をおいて回数を小分けにして水を飲むことが水ダイエットの正しい方法です。

早くやせたいと焦る気持ちから、水ダイエット中は大量の水を一気に飲みたくなってしまいます。

しかしこれは効果がないばかりか体の負担になってしまうのでやめたほうが良いでしょう。

効果的な水ダイエットは、朝と毎食後にコップ一杯の水、

その他には時間を決めずにこまめに水を飲み足していきます。

少しずつ水を飲むようにするのですが、喉が渇くまで待たずに先回りして飲むのがポイントです。

少しずつ回数を小分けにして、ゆっくり水を飲むように心がけ、

一度にたくさんの量の水は飲まないようにします。

睡眠時にかく汗で水分が少ない状態の体を潤すために、水ダイエットでは起床直後に水を飲みます。

目覚めの一杯によって血液の流れをスムーズにするためなのです。

水を一杯食事の前に飲むことは胃液を薄める効果があります。

これにより過剰な食欲を抑えてくれるといいます。

お風呂の後に水を飲み、入浴時に出た汗で失った水分を補うことも非常に大切です。

水の摂取が必要なのは有酸素運動で汗を消費する時もあげられます。

運動前は適量の水を飲み、運動後には多めの量の水を飲むことが水ダイエットのポイントです。

時間を決めてコップ一杯弱ずつの水を回数を増やして摂っていけば、相当量の水を飲めます。

水ダイエットをしている人はペットボトルに水を入れて持ち歩きましょう。

これで少しの量を回数を分けて摂取することがでるでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
水ダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。