So-net無料ブログ作成

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:バナナダイエット

バナナダイエット ブログトップ

バナナでダイエットをする方法と効能効果食べるのに最適な時間は朝? [バナナダイエット]

バナナでダイエットをする方法


ダイエット方法はいろいろありますが、バナナでダイエットができるのでしょうか。

ダイエットにバナナを使うのは、多くの栄養が豊富で植物繊維の多く含む食材でありながら、

低カロリーだからです。

体重を減らすには、食事制限や運動が一般的です。

基本的な考え方はごく単純で、食べるカロリーより使うカロリーを少なくすることです。

けれど、体重を減らすためにとしゃかりきになって無理な運動をしたり、

食べる量をぎりぎりまで減らしては健康を害します。

厳しいダイエット計画を立てても、精神的にストレスが溜まるばかりが長く続けられませんから、

無理のないカロリーコントロールが大事です。

バナナは、これらのような課題をクリアしてくれる便利な食材といえるでしょう。


バナナのカロリーは高い印象があるかもしれません。

一般に、体調を崩した時や運動前にはバナナがいいといわれているからです。

ですが、それほどバナナのカロリーは多くないのです。

バナナに含まれている多種の糖質により、エネルギーが長時間供給されるため、

病気の人や運動をする人によいとされるわけです。

時間をかけて少しずつ身体へエネルギーを与え続けることができるバナナは

病人や運動前にぴったりですが、

これは多種多様な糖分がじっくりと吸収されるためです。

また、様々な栄養が含まれている点もバナナのメリットで、

バナナは食物繊維やカリウム、マグネシウム、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、

葉酸などを含みます。

バナナダイエットは、きちんと食べて健康的に痩せるおすすめダイエット方法なのです。


ダイエットのバナナはいつ食べるのか

朝バナナダイエットとは、朝食時にバナナを食べてダイエットができるという、

ダイエットの中でも結構話題になっているダイエットです。

朝だけにこだわらずに、自分の好きなときにというのも良いのでしょうが、

朝にバナナを食べるには理由があります。

起きた後にものを食べない人は、昼まで体の動きや頭の働きがよくないという話があるようです。

就寝中に代謝で消費したエネルギー分の補給はやはり起床時に必要ですから、

起きてから取るべきエネルギーを取らなければ動きが重くなりやすいです。

朝ご飯は健康維持に必要なことで、これはダイエットをするしないとは別問題です。

朝バナナを食べることによって、低カロリーで抑えられますし、

十分な栄養を摂ることができます。

カロリーコントロールをしながら食事をしたい時、

バナナはぴったりの食材です。

1本85キロカロリーと低い上に満腹感があるからです。

65%が水でできているため、バナナを食べると水分も摂取できます。

便秘対策はダイエットに必要です。

その点、バナナは食物繊維が豊富なので腸の改善に期待できます。

朝のうちから体に栄養と刺激を与え、爽快な日々を送ることもダイエットには重要となります。

なるべく甘いものを食べないように心がけている時に、

バナナの適度な甘みはとても美味しく、ダイエットの励みになります。

体によく、精神的なストレスも少ないバナナダイエットで、


楽しくダイエットを続けましょう。


バナナダイエットでカロリーコントロール

バナナを朝食代わりに口にするという置き換えダイエットが、朝バナナダイエットの手段です。

朝食はバナナと水などの飲み物だけ摂って、

昼食夕食は普通に摂るという簡単なバナナダイエットですが、

カロリーコントロールを忘れずにしましょう。

ダイエットを目指すといっても、ダイエットにいい食品の食べ過ぎはよくありません。

また、カロリーを減らすためには、食事量を減らすことが唯一ではありません。

食事制限などでフラストレーションが溜まってはダイエットも続きませんから、

食事面などではよりカロリーの低い食べ物を選ぶなどの工夫をしましょう。

ストレス対策には、バナナに含まれるヒスチジンが有効です。

イライラを感じにくくし、ストレスを減らす作用を及ぼします。

朝はバナナだけでもイライラしないなんて、すごい食品ですね。

バナナダイエットでは、できるだけ遅くならない時間に夕食を摂ること、

水をまめに飲むことが大事です。

たったこれだけのルールを守ることでバナナダイエットはできますから、

どなたでも挑戦が可能といえます。

朝バナナだけではなく、運動も忘れずにしましょう。

バナナは保存に最適な温度が15度なので、風通しのいい室内で保存しましょう。

バナナはエチレンガスを放出しているために、物に接していると傷みやすいので、

吊るして保存するのが一番です。

冷蔵庫で保管し皮が黒くなっても、意外と中身は大丈夫です。

黒くなってしまったとバナナの皮の色だけで判断するのではなく、

中身をチェックしてくださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
バナナダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。