So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:l-カルニチン

l-カルニチン ブログトップ

l-カルニチンはアミノ酸、ダイエット効果とその働きについて [l-カルニチン]

l-カルニチンはアミノ酸の一種

l-カルニチンは体内で作られている微量成分で、

エネルギーを得るために脂肪を燃焼させる機能に関わっているアミノ酸の一種です。

脂肪はミトコンドリアという細胞に入ることで燃焼しますが、

脂肪単独のままでは入りません。

ミトコンドリアに脂肪酸を入れるには、l-カルニチンが脂肪と結合した状態になければならないのです。

ダイエットを目指す人たちに脂肪燃焼を助けるl-カルニチンが求められているため、多くのサプリメントが販売されています。

l-カルニチン以外にも、自然界には塩化カルニチン、アセチルカルチニンが存在しており、いずれもカルニチンです。

l-カルニチンだけが脂肪燃焼の補助となり、他のカルニチンとは違います。

サプリメント等で摂取せずとも、体内ではl-カルニチンがある程度生み出されています。

従って、成長時や出産時以外はl-カルニチンを取り入れずとも普通は特に問題はありません。

しかし、現代人の生活形態ではl-カルニチンは不足しがちで、10g/1日という合成量では足りないという話もあります。

l-カルニチン不足なのは、女性や太りすぎの人に多いようです。

サプリメントの摂取には、日に500mgのl-カルニチンが理想的だというアメリカの研究もあります。

l-カルニチンはサプリメントで摂取する以外は肉を食べることで補給でき、マトンやカツオ肉には比較的豊富に含まれています。


l-カルニチンの働き

生活習慣や食生活の変化によって、現代人はl-カルニチンが不足気味だといわれています。

l-カルニチン不足は、人体にどのような影響が現れるものでしょうか。

戦後期と比較すると、日本人の脂肪摂取量は3倍にも伸びているようです。

しかし脂肪分の取りすぎに加えて運動不足や度を超した飲酒・喫煙などの不摂生を長期間続けると、脂肪の代謝能力は格段に下がります。

その結果、高脂血症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病を誘発しやすい体質になってしまいます。

2005年にメタボリックシンドロームが定義づけられ、生活習慣病の予防のためにメタボリックシンドローム改善が積極的に進められています。

生活習慣病の元となるメタボリックシンドロームにならないためには、体内の代謝率を向上させて内臓脂肪を減らすことが重要です。

代謝を上げて脂肪を効率よく燃やすためには、l-カルニチンによって脂肪を燃えやすくすることは重要な意味を持ちます。

100歳以上のお年寄りでも、健康な人の血中には高いl-カルニチン濃度が確認されたという報告もあります。

現代では疲れやすい、力が入らないという人が増えています。l-カルニチンは脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出す働きがあります。

疲れを軽減し新たな活力を得るために、脂肪燃焼を助ける作用をもっているl-カルニチンを積極的に活用したいものです。

l-カルニチンでダイエット

ダイエット関連商品にl-カルニチンが含まれていることが多いですが、これは、l-カルニチンの代謝促進効果によるものです。

健康的に痩せたい、食事制限をしたくない、運動してもなかなか痩せない、などの理由でダイエットに行き詰まっている人向けに、脂肪燃焼の効果があるl-カルニチンが役に立つというふれこみです。

また、脂肪が燃えると体のエネルギーになることから、疲れやすさの軽減に役立つと書いてあるサプリメントもあります。

l-カルニチンのサプリメントの形は錠剤やゼリータイプなど多様です。

l-カルニチンは、ダイエット中の体にどのように働くのでしょう。

確かに適切な運動と組み合わせたl-カルニチンダイエットで体重が減ったという人はいるようです。

その反面、l-カルニチンによって食欲が増進したという人もいます。

また、ダイエットをl-カルニチンだ

けで成功させたということはないようです。

筋肉中のl-カルニチンは、サプリメントの服用で増加するということはないようです。

脂質の代謝に必須なl-カルニチン。

ですが、実際に代謝や脂肪燃焼とl-カルニチンサプリメントの因果関係には、まだ不透明な部分が多いようです。

ダイエットでl-カルニチンを使うのはあくまでも補助的な役割と位置づけましょう。

ダイエットのメインメニューは、あくまで運動やカロリーコントロールに置いた方が効率がよいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
l-カルニチン ブログトップ