So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:腹筋ダイエット

腹筋ダイエット ブログトップ

おなか痩せには腹筋ダイエット「腹筋ダイエットでシェイプアップ」 [腹筋ダイエット]

おなか痩せには腹筋ダイエット


ほかの部分は痩せていても、おなかのぽっこりが気になっている人は多いのではないでしょうか。

ダイエットのためにと日々体を動かしていても、思ったように脂肪を落とすことはできません。

まずは腹自体のたるみを何とかする必要があります。

腹筋ダイエットで腹のたるみを防ぎ、ポコンと腹が出てしまわないようにしてください。

引き締まった腹部になるために、腹筋ダイエットで腹筋を鍛えてお腹の脂肪を減らします。

また、このダイエット運動で腹筋を鍛えることによって新陳代謝が促進され、

脂肪が燃えやすくなります。

健康的にダイエットを成功させるためには、腹筋をつけて基礎代謝力を増やし、

脂肪が燃え痩せやすい体質になることです。

腹筋はどうしても、きつい、辛い、やりたくないと思っている人がほとんどです。

学生時代にやらなければならなかった腹筋は、

精神力を鍛えるという意味でも苦しさを堪えて続けなければならない、

というものだったかもしれません。人間は何かを強いられると、続かないものです。

ダイエットは続けないと意味がありません。筋肉を鍛えても、続かなければたるむだけでしょう。

一度にたくさんの運動メニューを詰め込み、

腹筋運動を無理矢理続けていてはモチベーションが続かずに挫折する可能性が高くなるでしょう。

気負わずに続けるダイエットを心がけ、

日々の週間に織り込むように腹筋の時間を組み入れることで、

いつしかダイエットを成功させていることが可能でしょう。

筋肉意識でおなかダイエット


体育の授業でやったような動作だけが腹筋運動ではありません。

腹筋ダイエットの運動は、少しの心がけで行えるものです。

例えば、日常の動作の中で立っていることは誰しもあるでしょう。

歩行時や電車やバスを待つ時は立っています。

下腹部に力を入れて、おなかの筋肉を意識して立つような習慣をつけましょう。

下腹部に力をいれることでプロポーションも矯正されますし、

これまで感じていなかった腹筋をイメージすることでシェイプアップ効果を狙えます。

お腹の筋肉は屈伸時にもよく使う部位なので、

腹筋ダイエットで直立姿勢でも鍛えることでボディラインが整えられ、

締まった腹になることができるでしょう。背中が丸まっていると、お腹もたるみがちになり、

老けて見えます。背筋を伸ばし姿勢正しくすることを常に意識すれば、

見た目の若々しさもアップするというものです。

また、女性は腹部に肉がつく傾向があるので、

腹筋ダイエットで筋肉を鍛え脂肪対策をする必要があるのです。

子宮や卵巣など、大切な部分を守る為です。

この下腹の筋肉が弱いとボッテリとしたお腹に見え、筋肉が脂肪を支えきれず、

ぷよぷよとしたお腹になってしまいます。就寝前に習慣的に腹筋を鍛える運動をするなど、

腹筋ダイエットを効果的に活用して下腹部周りの筋肉を上部にしてください。

天井の見える姿勢でまっすぐ寝て、膝を胸まで引き上げ、

それから静かに戻すという動きを10度繰り返します。

この時、下腹部に力を入れ続けるようにイメージして行いましょう。

シェイプアップ効果以外にも、朝一番に行うことで寝起きの体に血が回るようになります。

運動内容は簡単ですので、ぜひ試してみてください。


腹筋ダイエットでシェイプアップ

下腹だけでなく上腹やわき腹の筋肉も鍛えましょう。

簡単な腹筋ダイエットで上腹の鍛錬を行い、内臓を筋肉の力でちょうどよく体内に収めることで、

プロポーションを正し姿勢をきれいに保つ効果も期待でるでしょう。

腹筋ダイエット運動は、腰を痛める危険性があるので、

背中をピンとのばしたままで行うのではなく、やや丸めた状態で腹筋運動をするようにします。

仰向けに寝て両ひざを立てて、両手を上腹部に置きます。

次にあごを引き、背中を丸めるようにしながら、上体をゆっくりと起こしていきます。

上腹部に力がこもり固くなったと思ったら、そのままゆっくり5秒数えてから、

静かに元の姿勢に戻りましょう。これで終わりです。

10セットを目標に設定し、腹筋ダイエットの期間じゅうは毎日続けられるようにしています。

腹部の脂肪をより効率的に燃やすためには脇腹のダイエット運動も重要です。

筋肉を酷使しない程度に、長く続けられるペースで運動をしましょう。

腹筋ダイエットで脇腹の筋肉を強化することでウエストをシェイプアップさせます。

体を左右に回す簡単な動作で運動ができます。

腹筋ダイエットで脇腹を鍛える時は椅子を使います。

こころもち浅く腰掛けて、手をまっすぐ地面と平行にし、腰から上を捻って椅子の背を掴みます。

足は40㎝ほど開きます。次にこの姿勢を5秒間キープします。

最後はゆっくりと最初の状態に戻します。

このわき腹の腹筋ダイエット運動を左右1セットとして10セットを

目標としてダイエット運動をします。

腹筋ダイエットは気軽に出来るダイエット方法です。

続けると続けないとでは、いつしか効果に大きな差が出てきてしまいます。

毎日の腹筋ダイエットを根気よく行うことで、ウエストを細く引き締めていきましょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
腹筋ダイエット ブログトップ