So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:ストレッチ

ストレッチ ブログトップ

ダイエットのための効果のあるストレッチ方法 [ストレッチ]

ダイエットのためのストレッチ方法



毎日ストレッチ運動を続けることによって、

ダイエット効果を得るというやり方にはいくつかの内容があるようです。

痩身効果のため、手軽に毎日続けることができるダイエットストレッチ体操があります。

この方法は試した人全員に必ず結果をもたらしたというものではないのですが、

ダイエットを目指すならば、試してみてもいい内容だと思われます。

ストレッチといっても無理せずに毎日続けることによってダイエット効果が出てくるものです。

体重を狙い通りに減らすには、気長に毎日反復することが大事です。

まず、寝た状態でストレッチをする時は、真っ直ぐ仰向け状態で寝ます。

そして頭の後で両方の手を組み、顔を上げつつ左ひじと右ひざを近づけていきましょう。

右のひじと左のひざが触れたら、そのまま30秒数えます。

そして、ゆっくりと仰向けの状態に戻ります。左右1回ずつ1セットとして、

朝と夜に2セットずつ行います。

また、ダイエットストレッチには、椅子に座ってできるものもあります。

イスに浅く座った状態で、右足を斜め45度の方向に突き出しつま先を立てます。

姿勢を真っ直ぐに伸ばし、後頭部で手を組み合わせた状態で、

つま先方向に向けて身体をゆっくりと倒し、20秒数えてからゆっくりと元に戻ります。

左右1回ずつ1セットとして朝昼晩3セットずつ行います。

簡単で短時間でできるダイエットのためのストレッチ方法なので、毎日続けることができます。


ダイエット効果のあるストレッチとは

どのような理由によって、ストレッチ体操で痩身効果を得ることができるのでしょう。

効果を高めるためには、ダイエットストレッチをする時に、

屈伸させる筋肉の動きを明確にイメージする必要があります。

エクササイズや運動を行う前には、必ず準備運動やストレッチが行われます。

準備運動やストレッチは、体全体の代謝を上げてくれ、

エネルギーの消費量を高めてくれる効果があります。

エネルギーを手早く作れるということは、つまり脂肪が燃えやすい状態なのです。

ストレッチをするだけでも、ダイエットしたい人にとっては、とても効果的な運動になるのです。

リンパの循環も、ストレッチで代謝が上がることに伴って向上します。

リンパの流れが促進されると、体に蓄積された老廃物を排泄する働きを活発にしてくれます。

静脈に入りきらなかった体内の老廃物は、リンパの中に留まってむくみや肌荒れの原因となります。

体外に老廃物を効率よく排出するメリットは、ダイエットだけに留まりません。

ストレッチでリンパの流れを促進し老廃物を出しやすくすることで、

健康維持にもなるのです。ダイエットストレッチは、

老廃物の排泄を促進し、代謝率をアップし、むくみを解消してくれます。

ダイエットストレッチでスッキリとしたボディを手に入れることが期待できます。


ストレッチによるダイエット効果

ストレッチによってゆったりと筋肉を曲げ伸ばしすることで

ゆったりとした気持ちになることができます。

ストレスはダイエットにつきもの。

ダイエットに挫折しないためにはストレス対策が必須です。

ストレッチで筋肉を弛緩させ、疲労解消効果が期待できます。

ダイエット成功を妨げる要因に予定外の飲食がありますが、

ダイエット中はともすればイライラしがちで、そのイライラが食欲という形で表に出やすいものです。

リラックス効果のあるダイエットストレッチを毎日の習慣に組み入れれば、

ストレスから解き放たれ寝付きもよくなります。

十分な睡眠は体調管理にも役立ち、順調なダイエットを続けることができます。

身体に負担の少ない生活なら、体内の諸機能も十分に働きます。

ダイエットストレッチで痩せやすい体を作ることを目指します。

はじめから本格なダイエット運動を意識してしまうと、続かなくなります。

張り切ってダイエットをして、無茶な運動のしすぎで身体に負担がかかってはいけませんし、

ケガの元にもなります。

体じゅうの筋肉をストレッチで屈伸させ循環をよくすることで、

アキレス腱など重要な部位を柔らかくほぐすことが、

体を傷めず運動をするには欠かせないものです。

最初からきつい運動を目標に掲げていると毎日続けることが困難になりますから、

まずはストレッチで基礎的な体作りをしてください。

長続きのするダイエット方法は、あまり自分を追い込まないダイエットです。

成功するダイエットは負担をかけすぎないダイエットですから、

続けられる範囲の日程を組みましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
ストレッチ ブログトップ