So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:ふくらはぎダイエット

ふくらはぎダイエット ブログトップ

ふくらはぎと足やせダイエットの正しい方法と基礎知識「むくみを解消する方法」 [ふくらはぎダイエット]

ふくらはぎは痩せないのか ふくせはぎを痩せさせることに苦戦する人は多いようです。

体の特定の部分を引きしめたいという目的で、

ダイエットに取り組んでいるという人も少なくありません。

引き締まった脚線美に憧れて、足痩せを成功させたいという若い女性は後をたちません。

比較的脂肪の多い太ももに比べて、

ふくらはぎは思い通りにサイズダウンしにくいのが実際のところのようです。

ふくらはぎは、脂肪よりも多くの筋肉がついている部分です。

足痩せの中でもふくらはぎを集中して細くすることはとても難しいと言われています。

ふくらはぎの筋肉は、若いうちに体をよく使った活動に取り組んでいた人に多いとされています。

ふくらはぎに筋肉がついていることが、ふくらはぎの太さの原因である場合もあります。

ダイエットは元々、運動を主体として行います。

ふくらはぎ痩せには、運動は通用しない場合が多々あります。

逆に太くなってしまう可能性もありますので、筋肉がつきやすいふくらはぎのダイエットは困難です。

足は体調によって、むくみが出やすい場所でもあります。

ずっと立ち続けの仕事をしているという人は足がむくみやすく、

むくみのせいでふくらはぎが太く見えてしまうということもあります。

むくみが原因でふくらはぎが太くなっている場合は、

マッサージなどをすることである程度のふくらはぎ痩せ効果も期待できます。



ふくらはぎと足痩せ


ふくらはぎのために足痩せをする人がいます。

ふくらはぎが痩せるようなダイエット方法は、数あるダイエットの中でもごくわずかだといいます。

大抵の場合、足痩せ効果のあるダイエットは、

足を揉みほぐしたり、筋肉を動かすといったものが定番だといいます。

ふくらはぎを集中して痩せたい場合、

運動の方法を間違うと更にふくらはぎに筋肉が付いてしまいます。

ふくらはぎががっしりと太くなってしまうことがないよう、ふくらはぎ痩せダイエットでは、

運動との兼ね合いを考える必要があります。

まずは自分の体質をよく知っておくことが大切です。

もちろんダイエットに運動は欠かせないものです。

普段から多くの運動をしているという人は、より運動量が多いと筋肉増強の原因になってしまいます。

結果的に、ふくらはぎ痩せにはつながらない場合も多いようです。

ただし、ふくらはぎを使う運動をあまりしたことがなく、ふくらはぎに脂肪がついている人は、

運動によるダイエットが有効に作用するでしょう。

ふくらはぎを太くしている原因が、脂肪やむくみの場合は運動することで脂肪を燃焼します。

ふくらはぎの引き締め効果が期待できるだけでなく、

代謝を活性化して足痩せ効果も得られるといえるでしょう。

ふくらはぎや太ももは、一定のサイズになると痩せないケースが多いと言われています。


ふくらはぎのダイエットを始める前に


ダイエットを実践する人の中には、引き締まった下半身や細いふくらはぎになりたくて、

という人は大勢いるといいます。

女性でも、他の女性のスカートから伸びる足がとてもきれいだったと感じることはあります。

では、ダイエットを成功させ、足やふくらはぎのシェイプアップをするには何をすべきでしょう。

ふくらはぎが太くなる原因は、脂肪やむくみ、老廃物が溜まっている為と言われます。

人の体は、2本の足で全体重を支えています。

そのため足はどうしてもむくみやすくなり、老廃物が停滞しやすい部位となります。

ふくらはぎのダイエットをする時には、

運動もしくはマッサージなどでリンパの流れをよくしましょう。

ダイエット効果を得るためには、むくみ対策や老廃物の排出促進が大事です。

人間にとって最適なダイエットの細さがどのくらいなのかは、

簡単な計算によって算出することができます。

バランスの取れたふくらはぎになるには、身長の20%を目安とします。

身長が160センチの人ならば、32センチになります。

ふくらはぎダイエットに取り組む場合は、まず目標数字を確認し、

自分の現在数字を確認します。あと何センチ、

ふくらはぎのダイエットすれば良いのかを知る事も大切です。


ふくらはぎのダイエットとむくみ防止について

ふくらはぎダイエットを行うには、むくみ対策も講じる必要があります。

女性の70%は体にむくみがあると言われていますが、むくんでいるせいで、

本来ならば太くないふくらはぎが太く見えてしまうことがあります。

足のシェイプアップは、ダイエットだけでなく、むくみ解消によっても得られることがあります。

ふくらはぎのむくみ防止に効果があるのが、簡単なエクササイズです。

手軽にオフィスや家でできるものを紹介しましょう。

仕事場で動作の大きなエクササイズをしていると目立ってしまいますが、

この動作はイスに座ったまま、かかとを床につけてできます。

つま先を手前に動かし10秒ほどキープし、

また元の位置に戻すと言う動きを10回ずつ繰り返しましょう。

ふくらはぎのむくみが少なくなります。

1日に3度~4度程度行うようにしてみてください。

代謝を活性化させ、脂肪燃焼を促進するダイエット作用もあります。

腰掛けた姿勢で足を伸ばしというむくみ対策運動もあります。

足を伸ばし、つま先を伸ばし、その御つま先だけを上にします。

4回~5回、つま先の上下運動をします。

ふくらはぎだけではなく、膝も伸びるので、脚全体のむくみに効果があります。

ふくらはぎのむくみは、午前より午後の方が酷くなるようです。

そのため、午前中から午後にむくみ対策のストレッチをすることによってむくみ予防が行えます。

ふくらはぎダイエットのエクササイズは簡単ですが、

毎日しないと効果がありませんから暇な時間を見つけて継続的に行う事をおすすめします。



ふくらはぎダイエットの正しい方法と基礎知識「むくみを解消する方法」 [ふくらはぎダイエット]

ふくらはぎダイエットの基礎知識

ふくらはぎダイエットの基礎知識について。誰もがあこがれる美脚には、

ほっそりとしたふくらはぎであることが必須条件でもあるでしょう。

ふくらはぎダイエットでスッキリと美しい脚線美を手に入れましょう。

ふくらはぎのダイエットを始める前に、まずふくらはぎが太くなるメカニズムを知りましょう。

まずはふくらはぎが太くなる理由を把握することが、ふくらはぎダイエットの成功へつながる道です。

ふくらはぎが太くなる原因をつくるものとして考えられるのは、ほとんどがむくみと脂肪です。

太りの元であるセルライトは、下半身にできやすいといわれていますが、

特にふくらはぎはむくみなどでセルライトにつながりやすいのです。

立ちっぱなしの仕事をしている人はもちろん、

座りっぱなしの仕事をしている人も下半身に疲れが溜まりやすく、

それがむくみとなり、セルライトが出来てしまうのです。

ふくらはぎがむくんでしまうと足の美しさが失わせることになり、

さらにセルライトにまで進めば、コンプレックスからおしゃれを楽しめなくもなるでしょう。

ふだんからふくらはぎが疲れるようだと思っている人は、

ほんのちょっとした改善をしてみることで、解決することができるでしょう。

理想のふくらはぎのサイズは、身長×0.2ということなので、

それを頭に入れてふくらはぎダイエットを進めていくと、

自分の体にぴったりのふくらはぎを手に入れることができるでしょう。

自分の理想のふくらはぎのサイズを知った上で、

ふくらはぎが太くなった訳を解明してダイエットに臨むようにすると、

必ずや美しいふくらはぎが手に入れられるでしょう。


ふくらはぎダイエットでむくみを解消する方法

ふくらはぎダイエットのやり方として、

ふくらはぎのむくみをマッサージで解消するという法方があります。

むくみを解消するだけでもかなり細くなるもので、

セルライトが出来る前に、ふくらはぎのむくみを解消しておくことをおすすめします。

むくみ解消のマッサージを行うときは、まず暖かい部屋を用意するようにし、

血管が収縮し、血行が悪くなってむくみ解消の効果を妨げるような

寒い場所は避けるようにしなければなりません。

はじめに、ふくらはぎ全体にマッサージクリーム

またはベビーオイルなどを塗り、皮膚を摩擦から守ります。

ふくらはぎのマッサージは足首から始め、ひざの方向へ押し上げるように行い、

セルライトが存在しているようなところは特に搾り出すように指を使ってマッサージし、

終了後はやさしくさすってケアしましょう。

さらに温かい飲み物を摂取して体を温めるようにすると、

老廃物や余分な水分を外に出すお手伝いをしてくれ、

ふくらはぎのむくみを解消してくれます。

これだけの簡単なふくらはぎのむくみを解消するマッサージですが、

マッサージの時間が取れない忙しい方には、

入浴中にふくらはぎをマッサージするのもむくみを取る方法のひとつです。

ふくらはぎダイエットは、体を冷やしては逆効果ですので、

冷えやすい人は、着る服にも注意が必要です。

体を適度に動かすことも大切で、

また足にあわない靴を履き続けて血行を悪くすることも避けたいことです。

一日の終わりに入浴してリラックスし、湯船にゆっくり浸かることも大切です。

ふくらはぎダイエットを行うには、特別な場所や技術が必要なわけでもなく、

自宅で簡単に行うことができるのです。

それでもふくらはぎダイエットを効果的に進めるためには、

毎日のケアとマッサージは欠かせないでしょう。


ふくらはぎダイエットの方法


ふくらはぎダイエットとしては、マッサージのほかに日常で歩くときの正しい方法や、

エクササイズなども効果的な方法としてあげられます

また、ふくらはぎが太くなる理由の中に、

筋肉のバランスが悪いために太くなってしまうというのがあり、

これは正しいウォーキングを身に着ければ、バランスを整えることができます。

ウォーキングを工夫して正しい歩き方をしていると、

ふくらはぎが自然に引き締まって細くなることができます。

具体的には、ふくらはぎの筋肉、下腿三頭筋を鍛えることです。

ふくらはぎの筋肉がしっかり鍛えられていないと、血の巡りが悪くなって、

ふくらはぎがむくむことにつながります。

正しいウォーキングでは足の運び方がポイントになりますが、

常につま先を同じ角度に保って歩き、背筋を伸ばして姿勢良くすることも忘れないようにしましょう。

着地はかかとからがポイントで、ふくらはぎの筋肉を伸ばすように意識して歩くと効果的です。

ふくらはぎだけでなくほかのどの部分でも、

意識していると徐々にダイエット効果も上がるものなので、

自分の歩く姿などを大きな鏡で見てみて、チェックしてみるのもいいかもしれません。

ふくらはぎをダイエットするためのエクササイズというものも様々にありますが、

自宅で簡単にできるエクササイズもあるのです。

つま先立ちし、また元に戻す、という動作を20回繰り返し、それを1日3セット行いましょう。

簡単なふくらはぎのダイエットですが、

日ごろから鍛えられていないと初めは筋肉痛になる場合もあるので、

あくまでも無理せず、アキレス腱を痛めないように気をつけましょう。

長く続けることが最も成功につながりやすい道なので、

毎日少しでもふくらはぎダイエットを行うようにしましょう。



ふくらはぎダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。