So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

ダイエットに1番短時間で効果的な方法

カテゴリー:お腹の引き締め

お腹の引き締め ブログトップ

おなかのダイエットに効果的な方法とコツ [お腹の引き締め]

おなかのダイエット




おなかのダイエットは、メタボと健康との関係が重視されるようになって以来、

健康のために行う人が増加傾向にあります。

決して肥満には見えないけれど、

おなかに脂肪が溜まってぽこっと飛び出して見えるという男性は、

中年になると途端に増えています。おなかに肉が溜め込まれていると、

メタボの可能性があります。もともとウエストやおなか周りは皮下脂肪が付きやすいようです。

年を取ると段々と増えてくる場所でもあります。

気になるメタボ体型を解消するためにも、

おなかを中心にダイエットをしてぜひ引き締まった体型を目指しましょう。

女性も、おなかの脂肪が増えると体のくびれがなくなり、太り気味の体になります。

おなかのぜい肉を減らし、引き締まったウエストになることは、

ただ単にダイエットで体重を減らせばできることではありません。

おなかを細くしたいなら、おなかの脂肪を燃焼させる効果があるダイエットを意識して行いましょう。

一般的におなかが目立つ人は運動不足がその大きな原因の一つです。

全身の脂肪を燃焼させるよう、体全体を使った運動によってダイエットを継続していけば、

おなかを引きしめることが可能です。

実際おなか周りの気になった中年男性も、生活に運動を取り入れただけで、

体が引き締まり十分にダイエット効果も出てくるそうです。

おなかのダイエットに効果的な方法


おなかの脂肪を燃やすダイエットをする場合、適度な運動をメインにするといいでしょう。

腹筋を刺激する運動によって行うダイエットは、おなかの脂肪を燃焼させ、

ウエストを細くすることができるといいます。

特別な技術が無くても腹筋運動はできるため、多くの人が行えます。

普段から特に運動をしていない人にとっては、

腹筋運動でもとても疲れるダイエット方法の一つになるでしょう。

朝と晩に30回ずつの腹筋をするだけでも、

おなかの筋肉痛で痛い思いをするという人は珍しくありません。

運動を中心にしたダイエットは、まず自分のペースで無理なく続けられることが大切です。

効率的なダイエットをするためには、家で行う腹筋もやり始めの頃は無理のない回数にし、

段々と回数を多くしていくといいでしょう。

お腹のダイエットには、フラフープを使う方法も効果があるといいます。

かつては、フラフープは子供が使うおもちゃでしたが、

最近ではダイエット用のフラフープも販売されています。

実際ダイエット専用のフラフープがたくさん販売されています。

ダイエットでおなかを優先してシェイプアップしたいという場合は、

腹筋とフラフープを併用してみるのもいいでしょう。

運動でおなかのダイエット効果を実感するには、

かなり長い間継続する事が大切なので途中であきらめない強い意志も重要なポイントです。


おなかダイエットのコツ



おなかに蓄積されている脂肪を減らすことが、おなかのダイエットでは欠かすことができません。

おなかの筋肉を使い、脂肪を燃焼させやすいように、

ダイエット用フラフープはつくられているようです。

おなかの筋肉を刺激するためにぴったりの器具といえます。

ダイエット用のフラフープはより効果を高めるために、あえて重さを加えています。

腰の運動をきちんと行わないと回転させることができないため、

根気よく運動を継続していくことが求められるでしょう。

腰でうまくフラフープを回すことができたら、

さまざまな場所へフラフープを移動させてみるのもいいでしょう。

おなかだけを細く引きしめることだけが、ダイエット用のフラフープの使用目的ではありません。

おなかに限らず、腕や下半身などの色々な場所のシェイプアップも期待できるでしょう。

もしも腹筋によるダイエットをするならば、

グラフを作成するなどして運動量を記録しておくことが、やる気を保つ効果があります。

腹筋運動は簡単な分、単調なのですぐに飽きてしまう一面もあります。

体にひねりを入れた運動をしたり、腹筋の内容を少し変えるなど、

工夫をしながら腹筋をするのもいいでしょう。

ヨガの動きにもいくつかおなかを引き締める効果があるので、


ダイエットに取り入れてみるのもおすすめです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ウエストの引き締めと二の腕の引き締めと下半身の引き締め [お腹の引き締め]

ウエストの引き締め


ウエストをダイエットで引き締めたいという人はかなりたくさんいるでしょう。

筋肉は加齢と共に、運動をしていてもだんだんと衰えていくものです。

ウエストは一層脂肪がつきやすく垂れ下がりやすくなるのが、普段から運動不足の場合です。

内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があるのが、ウエストの脂肪です。

蓄積されすぎると健康にも良くありませんので、

いずれも生命活動のエネルギー源となる大事なものとはいえ限度があります。

背筋と腹筋をバランス良く鍛えることで、ウエストを引き締める効果を得ることができるようです。

脂肪を燃焼させる以外の取り組みで、ウエスト引き締めに効果があるものが存在します。

お通じが良くない人や、下腹部が張ったりする人は、

ウエストの引き締めが便秘対策によってできる場合があるようです。

空気や老廃物が腸に溜まっていると見えてしまうのが、お腹はぽっこり突き出している感じです。

食生活の改善により、

腸の働きを良くすることも効果的です。

ウエストを引き締めたいからと食事量を減らしすぎていると、

腸に送られてくる物の量が少なくなって腸の活動が弱くなることがありますので気をつけましょう。

猫背気味の姿勢も、ウエストのたるみの原因になります。

良い姿勢でいることもウエストの引き締めにつながりますので、

背筋をピンと伸ばし、おへそにキュッと力を込めているように気を付けましょう。

二の腕の引き締め

薄着の季節になると気になるのが、二の腕の引き締めではないでしょうか。

キャミソールやタンクトップから出ている二の腕がたるんでいると、

実際の体重より太って見えてしまいます。

物を持ち上げたり自分の方に引っ張る使う外側の筋肉と、

物を下ろしたり自分から押しのける時の内側の筋肉とがあるのは、二の腕です。

物を下ろす時や押しのける時に使う筋肉が、日頃はあまり使う機会がない筋肉です。

当たり前のことですが、脂肪は使わない筋肉には蓄積されるようです。

セルライトが時には溜まってしまい、でこぼこが皮膚にできてしまうこともあるでしょう。

二の腕を引き締めるために必要なのは、内側にある筋肉を使う運動をすることです。

二の腕の引き締めに、ダンベル体操がおすすめの方法です。

手近にダンベルがなければ、水を500mlのペットボトルに水を入れて使いましょう。

ダンベルを引き締めたい側の腕で持ち、ダンベルを地面から垂直に持ち上げる運動です。

ポイントは、肘が動かないように意識することだそうです。

持ち上げるときには、二の腕の筋肉を強く収縮させるよう意識します。

きちんと筋肉を動かすことによって期待できるのが、さらなる引き締め効果です。

ダンベル運動を行うときは、ゆっくりした上げ下げを1度に10回程度が良いでしょう。

エクササイズには他にも、二の腕の引き締めに有効なものがあります。


下半身の引き締め

下半身の引き締めについてです。

女性の体は上半身より下半身に脂肪がつきやすく、洋なし型の肥満が多い原因にもなっています。

心臓から遠いためにむくみやすく、運動不足が続くと筋肉量が減り代謝が低下してしまうのが、

下半身の特徴です。多くの人が、下半身を引き締めてプロポーションを改善したいと思っています。

なかなか引き締めは思い通りにはいかないのも現実です。

下半身の引き締め効果をもたらすのは、ウォーキングやエクササイズなど、

下半身の筋肉を動かす機会を積極的に作ることです。

続けやすいのは、テレビを見ながら、

食事を作りながらなど日頃の生活習慣の間にエクササイズを行うことなのです。

サイクリングやウォーキングを、通勤や通学のときに行うというのもひとつの方法でしょう。

自律神経の調整にも効果的なのは、運動によって体を適度に疲労させることで睡眠も深くなり、

目覚めも快適になるからです。

さらに下半身の引き締めに有効なのは、硬くなっている筋肉を運動によって柔らかくすることです。

激しい運動でなくても、ヨガやピラティスのようなゆるやかな運動も効果があります。

少なくとも1~3カ月は、筋肉の代謝が増えて引き締め効果を体感するまでにはかかるといいます。

気長に続ける意欲が重要なので、実感がないからと諦めず、下半身の引き締めを続けましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お腹のたるみと引き締め 「お腹の引き締めの為のエクササイズ」 [お腹の引き締め]

お腹の引き締め お腹の引き締めは、大事な問題です


夏休み前の今、水着を着る前にダイエットをしている人も多いと思います。

数多くの人が、夏が来る前にお腹の引き締めを終了させて、

水着が似合う体型になりたいと思っています。

ビキニのようなお腹が出るタイプの水着を着たいという人は、お腹のたるみが気に掛かるでしょう。

太っているように見えなくても、お腹は出ているという方も大勢います。

運動をせず、食事を減らすだけのダイエットをすると、

体重は減っても引き締め効果を得ることができません。

ダイエットの結果体重の減少には成功したものの、二の腕は相変わらず脂肪が多く、

太もものたるみは一向に減らず、お腹はぽこんと出たままというエピソードもあります。

多くの場合、食事を減らすだけで引き締め効果のある運動をしていなかったといいます。

体重の数字は減っていますが、腕や腹は引き締められずにいるということです。

お腹を効率的に引き締めるには、ダイエットに運動を組み込むことが大事です。

お腹の引き締めと言うと、腹筋などを思い浮かべる人も多いと思います。

腹筋はお腹の引き締めにはとても効果的な運動でもあります。

普段の生活の中に腹筋運動を取り入れることで、

簡単にお腹を引き締めることができるようになります。

お腹のたるみと引き締め


ダイエットでお腹を引き締めたいと考えている人は多いですが、思うようにはいきません。


お腹は脂肪が溜まりやすく、減りづらい部位です。

そのため、生半可なダイエットでは、そう簡単にお腹の脂肪を減らすことができないといいます。

せっせとダイエットに取り組んだとしても、

何かのきっかけで体重が増加する時にはお腹が出っ張ってくるものです。

手足はいつも使ってしますが、お腹は日々の活動の中で力を入れる機会が少ない部分です。

脂肪が蓄積されやすい部分であるにもかかわらず、使う機会が多くない筋肉です。

多くの場合、お腹の皮下脂肪が増えすぎてたるみ、

洋なし型といわれるお腹の状態になってしまいます。

お腹には皮下脂肪だけでなく内臓脂肪も蓄積されます。

女性の場合は、皮下脂肪がつくことが多いようです。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも燃焼させやすく、皮下脂肪の燃焼は困難です。

皮下脂肪を代謝しにくいため、運動をしてもお腹はなかなか引き締めができません。

一方、男性は内臓脂肪が多くなりがちです。

そのため、お腹は全体的に脂肪がつく人が多いといいます。

皮下脂肪は体の内部を外の衝撃や温度変化が守る効果あるため、

女性がお腹を引き締めるのは思うようにいかないようです。

お腹の引き締めが困難でも、毎日のエクササイズによって腹筋を鍛え、

皮下脂肪を燃焼させることができます。

お腹の引き締めの為のエクササイズ


お腹を引き締める為に効果があるものにエクササイズがあります。

腰の回転運動や、太ももの上下運動、腹筋を使う運動が、

お腹の引き締め効果が得られるエクササイズです。

継続の重要性を理解していながら続けられなくなったり、人目を気にして中止してしまう方もいます。

お腹を引き締めるエクササイズの中には、

立位で行うものや、座位で行うものなど、色々なものがあります。

座った姿勢で行うエクササイズは、椅子に腰掛けて上半身を左右に回転させて行います。

急激な動作より、ゆるやかな動きの方がお腹の引き締めができますので、

静かに体を動かすよう心がけましょう。

デスクワークをしている方でも、いすに腰掛けたままできるエクササイズならば手軽にできます。

左右それぞれ20回ずつの運動を、1日に3~5セット行うとお腹を引き締め効果が得られます。

エクササイズには、立ったままできるものもあります。

頭上で両手を組み、腰から上を左右に傾けることで体を伸ばす運動で

お腹を引き締めることができます。

お腹やわき腹の辺りを意識して、

ダンベルや水のボトルなどを手に持って行うとさらに引き締め効果が上がります。

右10回、左10回の運動を1日に3度行うことによってお腹の引き締め効果が得られます。

お腹を効率的に引き締めるには、意欲を持って取り組むことが重要です。

エクササイズに取り組む場合は、お腹の引き締め効果やシェイプアップが成功した状態を意識し、

目的意識を持って毎日続けることか重要になってきます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
お腹の引き締め ブログトップ